売買サイトでamazonギフト券を購入するメリットとデメリットを徹底解説!!


amazonギフト券をお得に購入するために売買サイトを利用する方法があります。
安心して利用できるようにメリットとデメリットをまとめてみました。

売買サイトで購入するメリット

定価より確実に安価で購入できる

常に5%~6%程度、時期によっては10%引きの価格で購入できる。これは大きいです。
狙い目としては毎月月初の時期で、最大10%~12%まで下がることもよくあります。
もちろんすぐに売れてしまう可能性が高いので何かしらの通知機能があるサイトを選ぶとすぐに気づくことができます。

購入後すぐに利用できる

amazonギフト券は他の金券類と違い実物がなくともコード番号さえわかれば利用できます。
購入後そのままamazonへチャージすればすぐに買い物に利用できます。

24時間いつでも利用できる

実店舗だと深夜に営業しているお店はありません。
その点ネットショップの強みともなる24時間営業になりますので必要になった時にすぐに購入することができます。

売買サイトで購入するデメリット

使用済みコードを買ってしまう可能性がある

まれにですが購入したギフトコードが使用済みで登録できないことがあるようです。
そのときにはすぐに購入したサイトからエラーで登録できなかったことを報告してください。
どのサイトでもこの機能はあると思います。逆にないサイトは避けた方が無難です。

欲しいときに安価で出品されていない可能性がある

時期によっては最安でも4%程度しか値引きされていないときもあります。
4%程度であれば自分でクレジットカード利用とamazonギフト券の還元ポイントを併せて3%程度のポイント還元を行った場合とほぼ差がないことになります。
この場合だと自分で購入した方が安心感があるのであまりお得にはならないかもしれません。

対面での取引ではないので相手の顔が見えない

人によってメリットかデメリットかは違ってくると思いますが、お金に関連するものを扱うのでこの点はデメリットになるかと思います。

理解を深めて売買サイトを利用するのがお得

amazonギフト券を買うなら10%割引きを目指して売買サイトで購入するのが断然お得です。
安心して売買サイトを利用するためにもメリット・デメリットを十分理解してお得にamazonギフト券を手に入れましょう。